身に覚えがあったら要注意

悪徳な競馬予想会社は様々な手法で会員を騙します。
下記の事項に覚えがある方は要注意。即座に退会も考えてください。

■的中メール偽造

・まず昔多かった的中メールの偽造方法です。
キャンペーンに参加していない会員に不的中だったキャンペーンを的中として報告。
しかしこれらは2重登録もできるシステムがほとんどの為、今はあまり行われていない手口です。

・公開されていない情報の的中
「○○会員限定」など参加できないキャンペーンがある時は要注意。
「数名限定の為、当選者様のみご参加可能」というキャンペーンも要注意。
実際に参加直前まで自分でいく事が出来たキャンペーンが本当に提供している情報です。
また逆に「ご当選おめでとうございます」などのメールも全て嘘。
それらは全会員が当選していますので、虚偽のメールを送る会社は悪徳確定です。

前途のような手口で様々な理由を作り
参加することのできなかったキャンペーンは、「他の誰も参加できなかった」キャンペーンとなり
悪徳競馬予想会社からしてみれば「誰も参加していない=100%的中偽造できる」という事になります。

実際に参加受付をしていて的中報告が来れば本当に的中した可能性は高いのですが
それ以外は信用しない方が良いでしょう。

■悪徳極まりない後払いシステム。

現代のシステム発達に伴い、メールの受信時間を変える悪質なサイトもあります。
例えば、的中したら料金が発生するシステムで「○○8Rの買い目をメールで提供します」などと言い、
レース発走時刻になっても一向に買い目が送られてきません。
メールをしても応答なし、電話にも出ない、結局買い目が届かないまま発走時刻となります。

そしてレース終了後、メールボックスを見てみるとさっき届いていなかったはずの買い目が
レース発走前の時刻に届いており見事に的中している。
それからはご察しの通り、的中したからと料金を請求されます。
「買い目を確認できていないから馬券を買えなかった」と言っても
「それはきちんと確認しなかったお客様の責任。情報料は発生しています」と悪徳競馬予想会社
結局、馬券も買えていない状態で情報料のみを支払うことになるというシステムです。

この種明かしをするとレース終了後、レース結果を確認し、最新のシステムにて
発走時刻前に受信していたように工作することができるのです。

後払いは、一見会員に優しいシステムですが、裏を返せば詐欺行為がほとんど
身に覚えのある方は即座に退会しましょう。

■電話で買い目を伝える会社

電話対応を主としている競馬予想会社には要注意です。

本来複雑な買い目を口頭で伝える事ほどいい加減な行為はありません。
メールに記載し文章として送るのが正当です。

また電話対応を主としている競馬予想会社のスタッフは電話のプロです。
闇金融、振り込め詐欺などを経験しているスタッフがほとんどで言葉巧みに料金を取ろうとしてきますので要注意。
こちらからかける分には構いませんが、電話番号を聞いてくる会社は8割、いや9割詐欺会社と考えてよいでしょう。
一度教えてしまえば向こうからなんども電話をかけてきて情報を買わせようとするでしょう。

以下後日更新します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。